SNSから始まった就職活動と友達作り


私はつい最近、ミクシーというソーシャルネットワークで色々な人と会話をしました。
もちろんSNSですので、20~60代までぐらいの方が沢山いるのは勿論、それが男か女かもわからない、本当に自分が会話していた相手なのかもわからない怖い場所かもしれません。
ですが、私が出会ったSNSの相手はトラックのドライバーさんと整備士の方だったんです。
全て40代より上のベテランのドライバーと整備士さんです。

毎日話してることは、「今はこの場所にいる?」「「これから幸せの定食食べて一休みするんだ!」「今日は休みだから少しドライブに行ってくる!」
のような陽気で楽しい会話ばかりです。

そのドライバーや整備士さんが私に今回教えてくれたことを紹介します。
一人目「SNSで遊ぶのは面白い、でも恋人や友達を作るときは注意しないと駄目だよ、全部が良いい人とは限らない失敗したら自分が後悔するだけだぞ!」
二人目「仕事はたった1つだけとは限らない、自分の本当に合う仕事、今ならまだ間に合うよ、色々な仕事して楽しんでごらんよ。」
三人目「一人暮らし俺も結構やってたけど、これはお金の有難さがよくわかるよ、一人だけの寂しさもあるけど、いい経験いはなるんじゃないかな~」
四人目「友達はいないなんてことないよ、だって俺達何年メールしてるの!俺の事お兄ちゃんって思ってくれていいんだよ!」

と沢山の人から元気をもらい、色々なことを学びました。そして駄目なことに対してはハッキリと駄目といってくれました。
(今なら駄目な事にして、駄目の1言も言えない世の中です。)

確かに私もこの人達に現実に会ったことはないんですが、それが嘘でも本当でも、SNS一つのメッセージで元気がでる。自分も仕事をしたい気持ちになったことに感謝です。
この世の中、今流行のラインやフェイスブックのようなSNSがこのように役立ってくれれば嬉しいです。