面接で言わなくてはいけないこと、決して言ってはいけないこととは

初めての転職、まず新しい会社をどう選ぶか、今の仕事のスキルを活かせるかどうかは勿論、いまよりも就業条件が良くなるか等々、考えていると中々実現しないものです。

それでも清水の舞台から飛び降りるつもりで、新しい会社の面接に行くことになった場合、ここでしっかりとしたアピールの方法と、決して言ってはいけない言い方があるのを憶えておきましょう。

 

言わなくてはならないことの第一は勿論、自己PRです。

 

自分のスキルについて長所についてしっかりと話すことが、まず一番大事なことです。
自分のスキルをきちんと把握して、説明することが成功への第一歩です、しっかりと要点をまとめて相手に説明出来るようにしておきましょう。

 

では言ってはいけないと言うのは、どういう言葉かと言いますと面接の時に必ず聞かれるひと言に対する答えです。
勿論もうお解りでしょうが、相手が一番聞きたいことそれが、転職の理由です。どういう問題があって、もしくは要望があって今の会社から転職を決意したのかという質問は、必ずと言っていいほど面接の時に聞かれます。

 

この時に決して言わないほうがいい事があるのです、それは今の会社についてのネガティブな意見です。

 

例えば仕事内容に比して、待遇が悪いのが転職の理由だとしても、今の会社は待遇が悪いと言うような言い方は決してプラスになりません。

会社という組織に対しての、否定的な意見と取られてしまいがちです。

 

元の会社のマイナス点を言うのではなく、新しい会社に入れた場合自分にプラスになる事を強調しましょう。

 

つまり「今の会社は仕事の割に給料が良くない」と言うような答えはご法度です、「自分のスキルは御社でこそもっと生かせると思います」と言った風にプラス点を強調して話すことが大事なのです。

 

この二点、当たり前のようですが引っかかってしまうこともありますので、充分に注意して面接に臨みましょう。