転職には覚悟が大切

転職するには何が一番必要か?と考えたときに、結局は覚悟勇気だと思います。

 

今の状況を変えたいと思っても、将来の不安や失敗したときのリスクが頭を過り、なかなか実行できないでしょう。

恐怖を引きずりながら転職活動を行うのは、とても消耗します。

 

まず「どうにかなる」という気持ちを持ち、リスクを受け入れた上で、転職活動をすることをお勧めします。

精神的に覚悟を決めた人の方が、面接でもはっきりと受け答えできて良い印象になり、結果を出しやすくなります。

 

面接でのコツは、とにかく自分に自信を持っているように面接を受けることと、冷静に受け答えすること、正直に自分をさらけ出すことかと思います。

 

新しい職場、特に経験のない職種に転職するとき、どうしたって分からないことだらけです。

面接では自分を良く演出することは必要ですが、あまり事実と違うことを言っても後々困りますし、「本当に大丈夫なのか」と疑われます。

 

なので今時点でできないことは、できないと言う勇気は必要かと思います。

短所を把握していることは悪いことでは無いでしょう。

 

そして最後に「今は何も分からないけれど、どんなことでも乗り越えられる自信がある」ということをしっかりアピールしましょう。

 

最初から完璧にできないことは面接官も分かっているので、ポジティブな人間性を出していきましょう。

私も未経験の職種へ転職するとき、「今後できるようになります!」と言い続けて、転職を成功させた経験があります。

 

転職サイトは、まずは「リクナビ」と登録すると良いでしょう。

大きい企業だけではなく、人材が必要な中小企業の求人広告の掲載も豊富です。